夜バイト

夜バイトする人が増えてきているようだ。

夜バイトというと思いつくのは、深夜営業のファミレスのアルバイトや、コンビニのアルバイト、それから交通整理の警備員さんも当てはまると思う。

それから誰でもできるわけじゃないが、キャバクラ嬢なども夜バイトの定番となっているようだ。

夜バイトのメリットは、日中のバイトよりも時給が高いことだろう。

夜バイトは日中のバイトとは違い深夜手当などが付くようだ。

また夜は基本的には寝る時間なのでバイトをする人もなかなか見つからない。

そういったこともあり、夜バイトは自給を高く設定して、少しでも人員を確保しようとしているようだ。

夜バイトの普及は、現在の日本の生活スタイルの変化と密接に関係しているようだ。

今は、24時間のコンビニやスーパーは当たり前となっている。

大手スーパーなども軒並み24時間営業をしている店舗が増えてきた。

また24時間営業しているファミレスなども増えたし、マクドナルドなどもほとんどの店舗が24時間営業をしている。

夜バイトは、身近なスーパーやファミレスなどが24時間営業をしている現代では、なくてはならない存在となっている。

夜バイトをする人がいない限り、24時間営業をすることは不可能だ。

夜バイトは、これから先も非常に重宝されていくと思われている。

しかしながら夜バイトするってことは、人が本来寝ている時間に仕事をすることになる。

やはりこれはストレスがかかることになる。

夜のバイトを長年やってきた友人は、ここ数年ですっかり前髪が後退してしまった。

まあこんなこともないとはいえないので、自己管理は重要なことだ。