夜バイト、求人や注意点、男性や女性などカテゴリの記事一覧

女性

夜バイトの中には、夜だからこそのバイトが数多くあるようだ。

その中でも女性が高収入を得られる夜バイトはキャバクラ嬢ではないだろうか。

基本的にはお客さんにお酒をついであげながら、楽しく話をすることが仕事なので、それほどスキルは必要とはされないかもしれない。

夜バイトで高収入を得られるキャバクラ嬢ですが、誰でもなれるというわけではないだろう。

まずお酒が飲めることが必須かもしれない。

勤務時間中は何度となくお酒を飲むので、お酒が好きか、もしくはお酒に強い人でないとキャバクラ嬢は勤まらないかもしれない。

キャバクラ嬢で必要とされるスキルとしては他には、誰とでも気兼ねなく話せることだろう。

毎日知らない男性と話をすることになりますので、話題が豊富で、盛り上げ上手であったり、聞き上手であったりすることが大事な要素になってくるだろう。

話をしながら、お客さんを楽しい気分にさせることができないと、なかなかキャバクラ嬢は勤まらないと思われる。

夜バイトでは高収入が期待できるキャバクラ嬢ではあるが、指名制度というものがある。

お客さんに指名されると、別途料金が発生するので、お店の利益になってくる。

この指名を受けることができない人は、報酬も上がらないし、最悪の場合、クビになってしまうこともあるようだ。




男性

夜バイトのなかで、男性に人気があるのは力仕事ではないだろうか?

例えば、倉庫内軽作業とか、工事現場の交通誘導などもはいってくると思われる。

これらの肉体労働は日中でも比較的時給は高めに設定されているようだ。

それが夜バイトとなると更に時給アップが見込めるので、人気がある夜バイトとなるようだ。

夜バイトで倉庫内作業というものがあるが、基本的には単純作業だし、力仕事も全くないところもあるので、正直当たりはずれがある仕事かもしれない。

はずれの仕事となると、もの凄く重い荷物をひたすら所定の場所に運び続けるといったものがあるようだ。

これはベルトコンベヤーで流れてきた荷物を落とさないように、所定の場所に持っていくというもので、次から次へと荷物がやってくるために地獄のような作業となると聞いている。

夜バイトの交通誘導は、日中よりは交通量が減っているとはいえ、周囲が暗いうえにライトで見えにくかったりするので、神経を使う仕事となりそうだ。

しかし工事が予定より早く終わったりすると早く帰れるし、所定の日給はもらえるので、おいしいところもなくはないようだ。

夜バイトの中の力仕事だが、天候によって大変さも変わってきそうだ。

倉庫内作業ですと、夏は暑く、冬は凍えるほど寒いだろう。

また交通誘導も同じように暑さや寒さで全然変わってくるだろうし、雨などが降ると最悪になってくるようだ。



注意点

夜バイトで人気のあるコンビニやファミレスだが、やはりバイトといえでも仕事だから、いくつか注意しなければいけないことがあるようだ。

まずコンビニで注意しなくてはいけないのはコンビニ強盗だろうか。

深夜帯は従業員が一人になることもあると思われる。

そしてそういう時に強盗は狙いを定めてやってくる。

夜バイトをコンビニでやろうと思っているのであれば、コンビニ強盗には十分気をつけてもらいたい。

コンビニ強盗は店内に人がいないときにやってくるので、下手に抵抗しないで、まずは身を守ることに専念することだろう。

もし喧嘩が強かったり、力が強かったりしても、抵抗はしないほうが身のためだ。

コンビニ強盗を捕まえたからといって、おそらく時給はあがらないと思われる。

夜バイトでファミレスを選んだ人も、ある程度は知っておいたほうがいいことがあるようだ。

それはお客さんからのクレームだ。

日中に働いていようが、夜中に働いていようが変わりはないと思われるが、クレームを言ってくるお客は必ずいるようだ。

中には理不尽な要求を言ってくる人もいるようなので、あまり出くわしたくはないと思われる。

夜バイトの場合、従業員は日中よりも少なくなるため、クレーマーに出くわす確率はさらに高くなるかもしれない。

ただファミレスの場合は、夜中でも社員やそれに代わる責任者がいると思うので、こじれる前に責任者に応対を代わってもらうのが賢明だろう。

もしここで責任者が出てこなかったら、そんなバイトは辞めたほうが身のためだと思う。

夜バイト

夜バイトする人が増えてきているようだ。

夜バイトというと思いつくのは、深夜営業のファミレスのアルバイトや、コンビニのアルバイト、それから交通整理の警備員さんも当てはまると思う。

それから誰でもできるわけじゃないが、キャバクラ嬢なども夜バイトの定番となっているようだ。

夜バイトのメリットは、日中のバイトよりも時給が高いことだろう。

夜バイトは日中のバイトとは違い深夜手当などが付くようだ。

また夜は基本的には寝る時間なのでバイトをする人もなかなか見つからない。

そういったこともあり、夜バイトは自給を高く設定して、少しでも人員を確保しようとしているようだ。

夜バイトの普及は、現在の日本の生活スタイルの変化と密接に関係しているようだ。

今は、24時間のコンビニやスーパーは当たり前となっている。

大手スーパーなども軒並み24時間営業をしている店舗が増えてきた。

また24時間営業しているファミレスなども増えたし、マクドナルドなどもほとんどの店舗が24時間営業をしている。

夜バイトは、身近なスーパーやファミレスなどが24時間営業をしている現代では、なくてはならない存在となっている。

夜バイトをする人がいない限り、24時間営業をすることは不可能だ。

夜バイトは、これから先も非常に重宝されていくと思われている。

しかしながら夜バイトするってことは、人が本来寝ている時間に仕事をすることになる。

やはりこれはストレスがかかることになる。

夜のバイトを長年やってきた友人は、ここ数年ですっかり前髪が後退してしまった。

まあこんなこともないとはいえないので、自己管理は重要なことだ。